商品検索
マルチトーンピックとは 体験談 マルチトーンピックQ&A ギター用語集
カテゴリー
カテゴリー

Q: マルチトーンピックってなに?

A:マルチトーンピックとは、神奈川県相模原市にあるギタ−・ベース用のピックの開発を行っている、『Goshi products』のオリジナルピックです。

通常ピックは、硬さが均等で「THIN=柔らかめ」・「MEDIUM=中間」・「HARD=硬め」・「HEAVY=とても硬い」などに分かれており、ピックの硬さ(厚さ)によって、弦への反応やアタック音に大きな違いが出ます。また、使用している素材によってもその音色は変わってきます。繊細な音色を奏でる時には薄くて柔らかいものを、豪快で重みのある音を奏でる時にはハードを使用します。ただし、曲の変化によって途中でピックを持ち替えたりしなければならなくなり大変です。

そこでこの会社が、「従来のピックの形状や質感・感覚を変えず、尚且つそれを一つのピックで表現出来ないか?」を研究し開発したのが、オリジナルピックである『マルチトーンピック』です。

マルチトーンピックの特徴は、ピックの各コーナーにソフト・ミディアム・ハードの3タイプの厚みを持たせることで、曲調の変化に応じてピックのコーナーをかえるだけで音色や質感を変化させることができます。よって、従来のピックを持ち替える煩わしさがなくなります。

また、硬さを変更するときにわざわざピックを見て確認しなくても良いように、このマルチトーンピックは、3か所にポジショニングマークが付いているので、手の感覚だけで変更が可能となっています。

種類はトライアングルタイプとティアドロップタイプがあり、素材もそれぞれポリカーボネート・ポリカABS・ナイロンの3種類があり、更に理想の音色を奏でることが出来るようになっています。

Q: 普通のピックとマルチトーンピックの違いって?

A:ギターやベースを演奏する際に、弦を弾く道具としてピックを利用するものです。ですがピックを購入しに行けば分かりますが、ピックには硬いのもあれば、柔らかい物もあります。そして多くの人が、何となくのフィーリングでピックを選び出し、演奏に使用しています。ですが実の所、ピックの硬さによって、弦の弾き易さだけでなく、音色まで変化が生じてしまうのです。

基本的に硬いピックの場合は、強く弦を弾く事が出来るので、力強い音色を奏で易くなります。逆に柔らかいピックの場合は、弦を弾く力が弱いだけに、基本的に優しい音色となる場合が多いのです。だからこそ、この音色の強弱を演奏に取り入れる事が出来れば、よりレベルの高い演奏が実現出来る可能性があります。もっとも演奏の途中に、硬いピックから柔らかいピックに交換して演奏するというのは、演奏のテンポを損なう恐れがあり、難しいものがあります。ですが、マルチトーンピックを利用する事で、可能になります。

そもそも普通のピックと、マルチトーンピックの違いがどこにあるかと言うと、硬さにあります。というのも通常のピックは、硬いか柔らかいか、といった具合に、全体で一種類の硬さしかなかったりします。ですがマルチトーンピックは、一つのピックに硬い部分や柔らかい部分、その中間の硬さの部分といった形で、三種類の硬さを持っています。その点が、マルチトーンピックと普通のピックとの大きな違いであり、マルチトーンピックならば持ち方を変えるだけで、ピックの硬さや奏でる音色を変化させる事が出来ます。なので演奏のパートによって、力強い音色と繊細な音色を使い分ける事も可能です。

Q: マルチトーンピックのよさって?

A:マルチトーンピックの魅力というのは、1つのピックでいろいろな音を楽しむということが出来るという点です。

従来であればピックを交換するということで対応していた音の変化を簡単に出来るようになったという点が大きな魅力です。またピックは形が変わってしまうと非常に持ちにくく感じてしまいますが、マルチトーンピックは基本的なトライアングルやティアドロップ型の形をしているので、違和感を非常に感じにくいつくりであるということも大きな利点になります。

上級者になれば1つの曲のなかでハードに演奏したい部分やソフトに演奏してメリハリをつけて曲の完成度をあげていくような弾きかたも可能になります。逆に初心者であればどのような硬さや厚みや素材が一番フィットするのか1枚で確認することが可能になります。マルチトーンピックにはいろいろなセットでの販売がおこなわれていて全ての種類がセットになっているものもあります。これであれば一番フィットするものを比較しながら選ぶことが可能です。

またどの部分で演奏しているのかもピックにポジションマークがついているのですぐにわかります。使用に慣れてくればポジションマークですぐに切り替えが出来るようになり演奏している曲の雰囲気をいろいろ変えることが出来るようになります。

材質で音のイメージを変えることが出来て厚みで音が変わるのでかなり変化を楽しむことが出来ます。マルチトーンピックのよさは機材を購入しなくても音の変化を楽しめる点です。

Q: マスタピックの特徴って?

A:ピックと言うのは、ギターやベースを演奏する際に、弦を弾くための道具です。ただしピックは、何もギター等の弦を弾き易くするだけの道具ではなく、実の所、音色自体を変化させる事も出来るのです。

というのもピックには、硬い物もあれば柔らかめの物もあり、その硬さにより弾いた時の音が違って来るのです。例えば硬いピックで弾くと、力強い音が出易くなるし、逆に柔らかいピックで同じ様に弦を弾くと、繊細で穏やかな音色になります。なのでその音色の違いを演奏に取り入れる事が出来れば、演奏の幅をぐっと広げる事が出来ます。

ですが演奏途中に、このパートは硬いピックを利用し、この次のパートは柔らかいピックに交換する、といった具合に変更するのは現実的ではないです。演奏のテンポを悪くしたり、演奏を止める原因になる危険があります。なので多くの人が、一種類のピックだけで演奏しているのです。

ですがマルチトーンピックがあれば、その問題を一気に解決する事が出来ます。というのも、マルチトーンピックの一番の特徴は、一つのピックの中に、硬い部分と柔らかい部分、更にはその中間の硬さと三種類の硬さを実現しているのです。しかもマルチトーンピックの大きな特徴として、点字マーカーや厚み等の手触りにより、目で確認する必要もなく、ピックのどの部分がどんな硬さなのかを判断出来るというのもあります。お陰で直感的に素速く、ピックの硬さを変更出来るので、マルチトーンピックを使えば演奏中であっても、ピックの使い分けが可能です。

Q: マルチトーンピックの素材って?

A:マルチトーンピックは1本で音色の幅が変えられる便利なピックです。3種類の厚みや硬さがあり弦に触れる場所が変わることで音を変えることが可能です。素材もいくつかありプレースタイルや耐久性で変えていくのが普通です。素材ではポリカーボネートでできているものは、特徴として硬めにできています。プレースタイルとしては、ハードな音にむいていますからハードロックなどギタープレイがかなり目立つ演奏スタイルに向いているといえます。マルチトーンピックのなかでは、非常に丈夫で耐久性に優れているのが特徴になります。またゴム系樹脂が入っているマルチトーンピックはポリカーボネート製と同じように硬めのピックになりますが、ゴムが入っているのでタッチが滑らかになります。使いやすさはこちらのほうが一般的には上といえます。またナイロン製のピックはソフトな音を出すことに優れていてあまり激しくない曲に向いているといえます。ポリカーボネート製と同様に耐久性に優れているので使う上では安心です。マルチトーンピックは種類によってピックの硬さなどが変わって来るので、曲との相性があります。どんな音になるかわからない場合やどれを使っていいかわからない場合は、お試しセットという全てのピックがセットになって販売されているものがあります。これであればどの音で演奏していくかいろいろ試していくことも出来ますし、使い心地も比較することが可能です。値段の通常のピックと同じくらいで購入出来ます。

Q: なんでマルチトーンピックと音色を変えられる?

A:もしあなたがギターの初心者で基礎技術の習得中であれば、ピックをあれこれと替えて迷うのは好ましいことではありません。ロックのスタイルを目指すのであれば、ティアドロップ型で固めのピックを選び、まずは練習に打ち込むことです。常に安定したピッキングができるように練習すべきですが、注意すべきなのは、いかに速く弾くかではなく、いかに良い音で鳴らすかです。

では良い音とはどのような音色でしょうか。基本的には「ポーン」と響く大きな音です。この音を出すためには、ピックを弦にあてる角度、弦を弾く強さ、ピックをあてる弦の位置、を工夫します。ピックを弦にあてる角度は、水平であれば素直な音が、垂直になればごりごりした音が得られます。大抵はその中間の角度が用いられるでしょう。弦を弾く強さは、音程がシャープ気味にならない範囲でできるだけ強く弾きます。強く弾く練習をすれば弱くも弾けますが、逆は不可能です。ピックをあてる弦の位置は、中央寄りであれば柔らかい音、ブリッジ寄りであれば硬い音に鳴ります。このような要因を比較検討し、常に良い音を心がけます。

マルチトーンピックは、三角形の各々の角の厚みを替えて作られたピックです。普通は均一な厚さですので、目的によって複数のピックを持ち替える必要がありますが、マルチトーンピックは同一のピックでありながら握る位置をずらすだけで同様の効果があります。マルチトーンピックは、ソフト・ミディアム・ハードというピックの硬さを一枚のピックで実現しているのです。常に良い音でギターを鳴らし、その上で音色の変化を音楽表現としたいギタリストには、マルチトーンピックは絶好のアイテムになるでしょう。

Q: マルチトーンピックの使われ方って?

A:エレクトリックギターは、本体にボリュームやトーンのコントロールがついています。またアンプに繋いで音を出しますので、アンプの側のイコライザーで様々な音色が得られます。さらにエフェクターを用いれば電気信号を様々に変換して多彩な音色を奏でることができます。

普段このような音づくりをしている人、特にまだギタリストとしてキャリアが浅い人は、時々ギターをアンプに繋がずに生の音で練習してみることをお勧めします。生の音がどれだけ充実しているかをチェックするのです。つまり右手のピッキングで良い音が出せているかどうかを確認するということです。

いい音とは、「ポーン」と響く大きな音です。この音を出すには、ピックを弦にあてる角度、弦を弾く力、弦のどの位置にピックをあてるか、などが変動要因になります。さらに腕の長さや手首の柔らかさ、ピックを握る力なども影響するでしょう。

これらの要因を変化させれば音色は様々に変わることが分かるはずです。その上でピックの硬さも変えてみれば、沢山のバリエーションが得られます。マルチトーンピックを用いれば、そのあたりが良く理解できるでしょう。マルチトーンピックでは三つの角が各々異なった厚みなので、どの部分を使うかで異なる厚みのピック3種を使い分けるのと同じ効果が得られます。サウンドバリエーションを増やしたい人は、電気的な要素に頼るよりまず生の音での変化を実感してみることです。マルチトーンピックの使われ方はこのようなものです。マルチトーンピックがこのような使われ方をされれば、イコライジングやエフェクターを用いた時には、ニュアンスに一層富んだフレージングが可能になります。

Q: マルチトーンピックの音の幅って?

A:ベースやギターを演奏する際、ピックを使って弦を弾くというのが、基本です。ですがそんなピックですが、単純に弦を弾き易くするための道具だと考えている人が少なくないです。そのため、ピックというのはどれを使っても一緒だと考え、適当に選んでしまったりするのです。ですが注意が必要なのは、ピックというのはそれぞれ硬いのから柔らかめの物まで、色々あるという事です。しかもピックの硬さにより、音色に違いというのが生まれるのです。

そして基本的に、硬いピックと言うのは、力強い音色を出し易く、逆に柔らかいピックは繊細で優しい音色を出し易いのです。そしてその音色の幅というのは、意外に大きいので、演奏に上手く取り入れればレベルアップする事が出来ます。ただし普通のピックの場合、一種類の硬さしかないので、演奏中に変化させるには、別のピックに交換する必要性が出てしまいます。そうなると、演奏のテンポが悪くなったりして、逆効果になってしまいます。

ですがそういった際、マルチトーンピックを使う事で問題を解決する事が出来ます。マルチトーンピックの利点は何と言っても、一つのピックに、硬い部分と柔らかい部分、更にはその中間の硬さの部分という三種類を有しています。つまり一つのピックで力強い音色から、繊細な音色まで幅広く奏でる事が出来るのです。

しかもマルチトーンピックは、厚みや点字マーカーによる手触り等で瞬時にどの部分がどんな硬さなのかを、判断する事が出来ます。なのでマルチトーンピックなら、少し持ち方を変えるだけで済むので、演奏のテンポを損なう事無く、幅広い音色を使い分ける事が可能になります。

Q: マルチトーンピックの評判って?

A:ギターやベースを演奏する時には、基本的にピックで弦を弾いて音を出すものです。なのでピックと言うと、弦を弾き易くするだけの道具、だと思い込んでいる人も少なくないです。ですが注意が必要なのは、使用するピックの硬さによって、出し易い音色というのに違いが出てしまうという事です。

例えば硬いピックの場合は、弦を強く弾く事が出来るので力強い音を出す事が出来ます。逆に柔らかいピックは、弦を優しく弾くので繊細な音色を奏で易くなります。この様に、ピックの硬さにより音色が変化するものです。ですが大半の人は、何となくのフィーリングで硬いピックか柔らかいピックを選び、それらを使い分けする事はないです。というのも、確かにパートによって硬いピックを使用したり、柔らかいピックを使用したり、と使い分けるのは演奏のテンポを悪くするので現実的ではないです。ですがマルチトーンピックを利用すれば、その問題を解決出来ます。

というのも、一つのマルチトーンピックにはそれぞれ硬い部分と柔らかい部分とその中間の硬さ、といった三つの硬さがあります。しかもマルチトーンピックは、厚みや点字のマーキングといった触り心地でそれぞれの部分を持ち替える事が出来ます。そのため、演奏中であっても、瞬時に三種類の硬さのピックを使い分けが出来るので、演奏の幅を広げる事が出来る、と使用者の評判も高いです。更にマルチトーンピックを一つ購入するだけで、三種類の硬さのピックを購入したのと同じです。なので自分に合う硬さのピック探しを行う際にも、大いに役立つという評判を得ています。

Q: トライアングルタイプとディドロップタイプの違いって?

A:ポピュラー音楽をギターで演奏する時、ピックが用いられます。ピックとは主に薄いナイロンでできた三角形の平らなパーツです。これを右手の親指と人差し指で挟むように持ち、弦を弾いて音を出します。金属弦を張ったアコースティックギターやエレクトリックギターでは、弦を指で弾くこともありますが、ピックを用いて弾くことも多いです。ロックやジャズでエレクトリックギターを弾く時はほぼ例外なくピックが用いられます。

アンサンブルの中ではギターは弱音楽器であるがゆえに、音が他の楽器に埋もれて聞こえなくなってしまうという問題がありました。そこでピックを使って大きくはっきりした音を出す必要があったのです。そしてギター用のアンプが開発されても引き続きピックが用いられたということは、ギターにとって親和性の高いアイテムであったことが分かります。

マルチトーンピックには、二つの型があります。ひとつはトライアングルタイプ、もうひとつはディドロップタイプです。前者は丸みを帯びたおにぎり型で様々な用途に向きます。後者は二等辺三角形に近い形で、メロディやソロを弾くのに適しています。マルチトーンピックでは、トライアングルタイプでもディドロップタイプでも、三ヶ所の角の部分の厚みをそれぞれ変えています。薄い部分をソフト、厚い部分をハード、中間をミディアムと呼称します。ピックの厚みは音色に関係し、目的に合わせて別のピックを用意して持ち替えますが、マルチトーンピックでは同一ピックのどこを使うかで目的が果たせます。マルチトーンピックを上手に用いれば多彩な音色をロスなく得られるでしょう。

Q: ポリカーボネートとポリカABSの違いって?

A:マルチトーンピックにはいくつかの種類があってそれぞれに特徴があります。ポリカーボネートやポリカABSなどが代表的なものになりますが、違いはポリカABSにはゴムが入っているという部分での違いがあります。ポリカーボネートで出来ているピックは非常に丈夫で耐久性が強い製品です。激しいプレイをしたとしてもピックが割れてしまって演奏に支障が出てしまうようなこともありません。見た目には独特な質感があってメタリックな質感があります。光沢感もありお洒落な印象です。ポリカABSはそれにゴムが入っているので材

質は硬めで丈夫で壊れにくいうえに、滑りにくい素材ですのでタッチも滑らかになります。マルチトーンピックはこれらの素材による特性の他にピックの厚さなどでピッキングする面を変えることで、さらに音の変化を楽しむことが出来ます。ポリカーボネート製のピックはアタック感がありクリアなサウンドになります。さらにピッキング面を変えることで音楽の中で変化を楽しむことが可能になります。音は中低音よりの音になり低音寄りの音に特徴が出ます。3種類の硬さや厚みはすぐにわかるようにピックにマークが入っていますので、目で見なくてもピッキングする面がわかるようになっています。マルチトーンピックのよさは曲想の変化をピッキングで変更出来るという点ですが、より滑らかなタッチでプレイしたい場合はポリカABS製のピックを選択するといいです。マルチトーンピックは10枚セットで1000円ぐらいなので、耐久性が強いという点から考えても非常にお買い得です。

Q: ポリカーボネートとナイロンの違いって?

A:ピックと言うと、ギターやベースの弦を弾き易くする道具であるだけに、ちゃんと弾く事さえ出来れば良いと軽く考えている人が結構いるものです。そのためピック選びをする時も、見た目のデザインとか色合いのみで決めてしまう人が少なくないです。ですが実際は、ピックと言うのは素材の硬さによって音色に変化が生じるものです。

例えば、ポリカーボネート製のピックの場合は素材が硬く丈夫であるために、力強く弦を弾く事が出来ます。お陰でポリカーボネート製のピックは、力強い音が出し易いと言えます。逆にナイロン製のピックは、材質的には柔らかめです。そのためポリカーボネート製とは逆に、ナイロン製ピックは繊細で柔らかな音を奏で易く出来ています。

その様にピックの硬さにより、音色に変化が生じるので、上手く使い分けが出来れば、演奏に強弱を付ける事が出来ます。ただし演奏の途中で、硬いピックから、柔らかいピックに交換するという方法は演奏のテンポを損なう事になるので、現実的ではないです。ですが、マルチトーンピックを利用すれば無理なくピックの使い分けが出来ます。というのもマルチトーンピックは、ピックの厚み等を変える事で、一つのピックの中で硬い部分や柔らかい部分、その中間の硬さの部分といった三種類の硬さを実現しています。

しかもマルチトーンピックは、点字のポジションマークや厚みといった手触りにより、瞬時に硬いか柔らかいかを判断出来る様な仕組みになっています。そのためマルチトーンピックならば、瞬時に持ち替え可能なので、パートによって硬いピックや柔らかいピックを使い分ける事が出来ます。

Q: ポリカABSとナイロンの違いって?

A:ギターを演奏する際に使用するピックと言えば、弦を弾き易くするためだけの物という印象を持っている人は少なくないです。そのためピックを購入する際は、見た目が格好良いとか、何となく使い易そうといった感じでいい加減に選ぶ人も珍しくはなかったりします。ですが実の所、ピックと言うのは使用されている素材によって硬さと言うのが変わって来るものです。同時にその硬さにより、弦を弾いた時に奏でる音色というのにも、変化が生じます。

例えばナイロンを素材にしたピックの場合は、材質がかなり柔らかいため、弦を弾いた時には、繊細で柔らかな音を奏で易いです。そしてポリカABSという素材で出来たピックの場合は、ナイロンに比べてやや硬めです。そのためポリカABSのピックは、ナイロン製と比較してみるとやや力強い音色を奏でる事が出来ます。

この様にピックの素材により、音色に変化が生まれるので、上手く使い分ける事が出来れば、演奏の幅を広げる事が出来ます。ただし現実問題として、このパートは柔らかいピックを使い、次のパートは硬いピックに交換して演奏するというのは、演奏のテンポを崩す事になり、難しいです。

ですがマルチトーンピックを使用すれば、実現出来ます。というのもマルチトーンピックは、一つのピックに硬い部分と柔らかい部分、更にはその中間の硬さといった形で三種類の硬さを持っています。そのためマルチトーンピックならば、弦を弾く位置を変えるだけで、即座に奏でる音色を変化させる事が出来ます。なのでマルチトーンピックを使えば、パートごとに奏でる音色を変化させる事も可能です。

Q: マルチトーンピックの使い心地ってどうなの?

A:ギターやベースを演奏する際に、必要なモノと言えばピックです。ただしこのピックと言うのは単純に、弦を弾き易くするという役目を担っているだけでなく、ピックの厚みや硬さといった要素が変わると、奏でられる音色というのが違って来ます。だからこそ、硬いピックが好きだったり、柔らかめなピックが好きだったりと好みが生まれたりするものです。

ですがこのピックの硬さによって奏でられる音色の違いと言うのは、上手く利用すれば演奏の幅を広げる事になります。例えば力強い音色が必要なパートでは、硬いピックで力強く弦を弾き、逆に繊細な音色が必要なパートでは、柔らかいピックで演奏するという方法です。ですが演奏途中でいちいち、違うピックを持ち替えるのは困難であるので、そこで登場するのがマルチトーンピックです。

マルチトーンピックは場所によって、硬かったり、柔らかかったり、その中間だったりと三種類の硬さに分かれたピックです。なのでマルチトーンピックを使えば、わざわざ別のピックに持ち替える必要もなく、演奏中にピックの硬さを変化させる事が出来ます。ですが、ここで気になるのがマルチトーンピックの使い心地についてです。三種類の硬さを使い分けられるのは良いとしても、その使い心地が酷かったら演奏に悪い影響が出てしまいます。

ですがマルチトーンピックは、点字ポジションマークによる手触りや厚みで瞬時にその硬さが判断出来る様になっています。なので、いちいち手元を確認する必要もなく、硬さを替える事が出来るので、使い心地も良くて演奏に支障が出る心配もないです。

Q: マルチトーンピックでの音色のコントロールってどうなの?

A:ギターやベースを演奏する上で、ピックが果たす役割と言うのは、弦を弾き易くするといっただけではないです。実の所、硬いピックならば力強い音色になるし、逆に柔らかいピックで弾けば、音色は繊細な音になります。だからこそ、ピックの硬さを変える事により、演奏に音色の強弱を出し、コントロールする事も可能だったりします。

ですが現実問題として、演奏している最中に、硬いピックから、柔らかい別のピックへと持ち替えるというのは、演奏のテンポを崩し兼ねない行動です。なので現実的ではありませんが、マルチトーンピックを利用する事でもっと容易に実現する事が可能になります。というのも、マルチトーンピックは場所によって、硬かったり、柔らかかったり、その中間の硬さだったりしています。そのためマルチトーンピックを利用すれば、弦を弾く場所を変えるだけで、容易くピックによる音色の変化を付ける事が出来るのです。

しかもマルチトーンピックが優れているのは、点字ポジションマークやピックによる厚みといった手触りにより、瞬時にピックの硬さを調整する事が出来るという点にあります。お陰でいちいち手元を確認して、持ち方を変える必要もないので、演奏のテンポを損なう事無く、音色のコントロールを行えます。なので演奏しながら、力強い音が必要なパートでは、硬いピックで弾き、逆に繊細な音が必要なパートでは柔らかいピックで弾くといった具合にコントロール出来るのです。この様にマルチトーンピックを使えば、手軽に演奏の幅を広げる事が出来ます。

Q: マルチトーンピックのひき心地ってどうなの?

A:ギターやベースのピックと言うのは、硬いのやら柔らかいのやらありますが、自分好みの硬さの物を選んで使うというのが基本です。ただしピックで注意しなければならないのが、硬さにより、弦を弾き易かったりそうじゃなかったりするというひき心地だけでなく、奏でられる音色にまで変化が生じるという点です。

ちなみに硬いピックは力強い音を奏で易いし、逆に柔らかいピックは繊細な音を奏で易かったりします。なので力強い音色が欲しいパートでは、硬いピックを用い、逆に繊細な音色が欲しいパートでは、柔らかいピックを用いるという方法を使えば、ギターやベース演奏の幅も広がる事になります。

とはいえ、このパートでは硬いピックを持ち、こっちのパートでは柔らかいピックに取り替える、といった形で演奏中にピックを交換するというのは現実的ではないです。実行すれば演奏を止める羽目になったり、テンポを損なう原因となります。そこでおすすめなのが、マルチトーンピックです。マルチトーンピックならば、一つのピックに硬い所があったり、柔らかい所があったり、その中間の硬さがあったりします。

お陰でマルチトーンピックを使用すれば演奏中に、他のピックに交換する必要もなく、力強い音や繊細な音を弾き分ける事も可能です。しかも気になるマルチトーンピックのひき心地ですが、点字のポジションマークや厚みといった指の感触で素早く、どの部分がピックの硬い部分なのか柔らかい部分なのかを判断出来ます。お陰で、わざわざ目で見て確認する必要もないので、テンポ良く演奏を続けられ、ひき心地も良いです。

Q: マルチトーンピックの種類ってどんなのがある?

A:マルチトーンピックとは、3種類の厚みと硬さを持った次世代ピックのことです。

ピックの厚みなどが変わると、サウンドも変わります。

繊細な音色を求めるなら薄くて柔らかい物を、アタック感のある音色を求めるなら硬い物を使う必要があります。

しかし、演奏中にピックをいちいち持ち変えるのは大変です。

そこで開発されたのが、マルチトーンピックです。

3種の厚みが一つのピックにまとめられているため、曲の途中でも音色を変えることが容易に行えます。

自分に合うピックが分からないという人などにお勧めのピックですが、このマルチトーンピックは、大きく分けて2種類あります。

正三角形に近い形の「トライアングルタイプ」と、トライアングルタイプより丸みを帯びた形状の「ティアドロップタイプ」です。

トライアングルタイプは、「ストロークに向いている」「音が太い」などの特徴があります。

ティアドロップタイプには、「最もポピュラーな形」「カッティング・単音の両方が弾きやすい」などの特徴があります。

そして、それぞれのマルチトーンピックには、「ポリカーボネート」「ナイロン」などの材質があります。

ポリカーボネートの特徴としては、「クリアなサウンド」「やや低域よりの音質」「摩耗に強い」などが挙げられます。

プラスチック素材の中では最も衝撃に強いため、激しい演奏でも割れることはまずありません。

また、ナイロンの特徴としては、「アタックが弱いので、アコースティックギター向き」「摩耗に強い」「柔軟性がある」などが挙げられます。

Q: マルチトーンピックの利用シーンって?

A:エレクトリックギターを弾いている人の中には、音色はエフェクターで作るものだ、と認識している人も多いことでしょう。確かに今日では、専門誌などの記事やインタビューによって、様々なギタリストがどのような機材を使っているかがよく知られています。もし同様の機材を揃えれば、憧れのギタリストと同じサウンドが出せるはずだ、と考える人も少なくないでしょう。そのように考えている人には、時にピックの材質や硬さなどを変えて弾いてみることをお勧めします。特にピックの硬さは重要で、音色がずいぶんと変わって来るのが分かるでしょう。

マルチトーンピックは、ピックの3つの角の厚みがそれぞれ異なるように作られています。薄い部分がソフト、硬い部分がハード、中間の部分がミディアムと名付けられ、同一ピックでも弦を弾く位置を変えるだけで音色を変えることができます。それではマルチトーンピックはどのようなシーンで使われるのが想定されるでしょうか。例えばメロディやソロを弾いている最中は、音色の変化はアタックの強さやピックで弾く弦の位置をずらすなどが有効です。しかし曲想に応じて、ソロやバッキングの区切りで切り替えればニュアンスの変化が得られます。このようなシーンでマルチトーンピックは真価を発揮するでしょう。ただしソロを弾く時はこの部分、コードを弾く時はこの部分と一律に決めることはありません。同じコードを弾くにもインスピレーションによって変化を持たせることも重要です。マルチトーンピックは複数のピックの持ち替えが不要になるので、特にインスピレーションを生かすことができるはずです。

Q: マルチトーンピックで演奏した時の音質って?

A:ピックを用いてギターを演奏する時には、ピックの素材や大きさ・形・厚み、更にどのような角度で弦にあてるかなどが音質を変える要因になります。エレクトリックギターの場合は電気の力で増幅して音を出すので、そのあたりは大した違いにはならないと考えられがちですが、これは初心者が陥る罠です。いかに高価な機材を駆使しても、ピックで弦を弾く生の音が充実しているかどうかにより、最終的なサウンドにも雲泥の差が現れます。

ところでマルチトーンピックはよく考えられた興味深いピックです。おむすび型の三角形のピックでは、三つの角の部分の厚みがそれぞれ替えてあります。薄い部分をソフト・中くらいの部分をミディアム・暑い部分をハードと名付けています。ソフトの部分を用いれば弦へのあたりが弱いので、繊細な音が出ます。反対にハードの部分を用いればエッジの利いた強烈な音が出ます。ミディアムではその中間的な音になるでしょう。このようにピックの厚みによって音質は変化します。

マルチトーンピックが画期的なのは、三つの角の厚みを変えることで1枚のピックで3枚分のピックの音質を表現できることでしょう。そのため演奏中に厚さの異なる複数のピックを持ち替えるという煩わしさからは解放されるのです。どの厚さを用いるかはそのまま音のニュアンスすなわち音楽表現に直結します。マルチトーンピックを演奏者の感性で使いこなせば、大きな武器になるでしょう。

古来ギタリストは良い音を追求して様々な素材のピックを試行錯誤して使ってきました。しかしマルチトーンピックは1枚で複数の音色を奏でられる点で画期的なのです。

Q: マルチトーンピックの演奏の幅って?

A:ギターという楽器は、左手で弦を押さえ、右手の指で弦を弾いて音を出します。クラシック、フラメンコ、各種エスニック音楽ではこのような形で音を発します。ポピュラー音楽の分野では右手にはピックを持ち、弦を弾いてよりはっきりした音を出すようになりました。ギターは基本的には弱音楽器なので、アンサンブルの中で音が埋もれてしまいます。そのためピックで弦を弾くことによって、アタックの強い、輪郭のはっきりした音を出すことで音量的に他の楽器に対抗するという手段がとられるようになったのです。

エレクトリックギターが一般化した1950年代以降は、アンプに接続することによって音量を拡大しました。更に電気的に音を変化させることも可能になり、多彩なサウンドが産まれるようになったのです。しかし基本の音はあくまでも右手に持ったピックで弾く音です。この音が良いかわるいかで全体のサウンドは大きく変わってきます。

ピックはおにぎり型のものが最初に、後にティアドロップ型が登場しました。現在はナイロン製が多いのですが、最新型のマルチトーンピックではポリカボネート・ポリカABS・ナイロンが採用されています。特筆すべきはマルチトーンピックの三つの角の厚みを変えることで、1枚でソフト・ミディアム・ハードの使い分けができることです。音色のバリエーションが増えますので演奏の幅が広がります。一般的には異なる硬さのピックの持ち替えで対応するのが普通ですが、マルチトーンピックでは1枚のピックだけでサウンドを一変させることができます。

このようにマルチトーンピック1枚で演奏の幅が広がりますので、サウンドのバリエーションが豊富になるのです。